1号議案 平成16年度活動実績と決算報告

 

1.平成16年度活動実績

農地の保全等を集落保全ボランティアという新しい手段と役割で担う当会は、設立して3年目を向かえた平成16年度は、次の活動を実施しました。

 

(1)拠点施設の整備

廃屋を改修した拠点施設を会員をはじめ、当会主催のイベント参加者に、より快適に利用できるよう整備したほか、昨年、本県に相次ぎ来襲した台風等により拠点施設が被害を受けたので、その修繕を行いました。

 

(2)農地等の保全活動

2回(第2、4週の日曜日)、定期的に会員が集合し、各自が持参した鎌や草刈り機等で農地等の保全を目的とした次の活動を行いました。

@畦畔の適正な管理

春から秋にかけて鎌や草刈り機により定期的に畦畔の草刈りを行いました。

A遊休農地の保全

遊休農地を保全する目的で、道永氏の作成した農地の利用計画に即し、出来るだけ管理に手間のかからないサツマイモやタマネギをはじめ、ジャガイモ、ダイコン、キュウリ、ブロッコリーなど多種多様な農作物を栽培しました。

また、特色ある作物としてソバや落花生、景観作物としてヒマワリを栽培するなど計画的な生産活動を通じて農地の適切な保全管理を行いました。

 Bしいたけ栽培

   拠点施設周辺から切り出した原木にしいたけを植菌し、恵まれた自然条件を生かしたしいたけの原木栽培を開始した。

 C台風被害を受けた農地等の改修

   当会で保全管理している区域においても進入路や畦畔、水路等が一部崩れたので、仲野氏の指導・協力のもと改修し、これに合わせ農地への耕運機の乗り入れや畦半の管理が円滑に行えるよう進入路の一部を拡幅した。

D竹林の間伐

  拠点施設周辺における放任状態の竹林の一部を間伐し、間伐した竹を撤去し焼却しました。

 

(3)会員やイベント参加者の相互交流の促進

支援活動日には、参加した会員が簡易テーブルを囲んで昼食をとりながら、会員間の交流を深めたほか、当会主催のイベント参加者との交流を図りながら当会の活動等を紹介した。

 

(4)ホームページ(HP)の活用による情報発信

 広く県民に当会の活動を紹介できるよう、平成16年度総会資料や当会主催のイベント案内をホームページに掲載しました。配布し、同会の活動をPRしました。